歯を失ったら残りの歯へも影響する?

歯を失うと残りの歯にも影響する

虫歯で痛くなった歯を放置して、そのまま放っておくと
歯を失うリスクも高くなってしまいます。

一本歯を失うと、その歯だけではなく
他の歯にも影響を及ぼします。

歯を失うと、口の中に大きな隙間ができてしまい
短期間での問題はなくとも、時間が経過するにつれ、
着実に他の歯に、その負担が影響してきます。

隙間に向かって顎の形は変形し、
その影響で歯並びの変化、噛み合わせに問題が生じます。

そうなった場合は治療も難しくなってまいりますので、
歯を失った場合は、人工歯が必要です。
人工歯は失う前と近い状態に戻すことができる為、
歯を失った場合には食事、会話ともに通常の状態に戻す為に
人工歯をいれるのが通常の方法です。

しかしながら、歯周病等で神経に炎症が起きている場合等
望むタイミングでの治療は厳しい場合もあります。

つまり、重要なことは、
放置するのではなく、少しでも違和感を感じたら早め早めに
治療を始めることです。

歯医者は嫌い‥という方も多いかと思いますが、
放置すれば放置するほど、余計に歯医者に通わないといけない状況になり、
過酷な治療を受けなければならなくなります。

虫歯や歯周病、その他
「心あたりがある」という方は
すぐにでもお近くの歯医者、信頼できる歯科医院にご相談ください。

まだ症状がない方も国内でも予防治療とい考え方が浸透しておりますので、
数年状況をチェックされていない場合は
これを機会に受診されてみるのはいかがでしょうか。

垂水区舞子の歯医者|なかがわ歯科クリニック