医療費控除について その1

本日は医療費控除についてお届けいたします。

医療費控除というのは
1年に通院回数が多い方や高額な医療費がかかっている方にとって、
とても大切な制度です。

医療費控除は病院からお金が戻ってくるのではなく、所得税のお話です。

医療費控除は簡単にいうと
『医療費がたくさんかかった年に関しては税金を安くしましょう。』という
制度です。

では『たくさんかかった』ってどれくらいなのでしょうか。

医療費控除は年間10万円を超えた医療費が対象になります。

おそらく、年間10万円を超えても申告をせずに損をしている方もいらっしゃるかと思います。

心当たりのある方は今一度年間の医療費を計算して、
もし10万円を超えていた場合はきちんと申告をし、控除をうけましょう。

ただ、その医療費に対して保険金などを受け取った場合はその金額は差し引く事になります。

計算しやすいように下記に計算式を記載しておきます。

(年間に支払った医療費の合計)-(保険金などで補てんされる金額)-10万円

年間所得が200万円未満の人は上記の計算式の10万円の部分が『年間所得×5%』となります。

『年間10万円ってそんなに使わないよ…』と思われがちなのですが、
実はこの医療費控除は健康保険の対象にならない費用も申告できるです。

出産などももちろんの事、歯科治療費も含まれます。
また入院や通院にかかった交通費、薬局で買った治療費も対象になります。
不妊症治療の費用や、その他様々な対象があります。

歯科においては、
ゴールド、セラミックなどの保険が使えない高額な材料を使用した治療費
入れ歯の費用、インプラント治療費
歯列矯正費用等、様々な治療が対象になります。

しかしながら、気をつけないといけないのが、
美容目的で治療をうけた場合は対象外となります。
これは歯科に関わらず他でも同じです。

上記を踏まえ、一度年間の費用を計算してみてください。

それでは次回は控除を受けるとどれくらいの税金が戻ってくるのかを
お届けしていきたいと思います。


歯に関するご相談はいつでもお気軽にお問合せください。 【垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック】
http://nakagawa-shika-clinic.com/

義歯に関するお悩みはこちら
http://www.ireba-soudan-kobe.com/