『歯がしみる…』は要注意

冷たいもの、もしくは熱いものを飲んだり、食べたりした時に、
歯がしみると感じた事はありますでしょうか?

もし感じた事がある方は要注意です…

冷たいものでしみる場合は

歯ぐきが下がってしまって歯の根っこが出てきている可能性があります。

また詰め物が取れてしまっている、近くに虫歯ができている、
つめている元のむし歯が深い等の可能性があります。

そして熱いものでしみる場合は
神経が傷んでいたり、炎症を起こしている可能性があります。

このように、歯がしみるという事は
知覚過敏、歯髄円、2次う蝕、歯髄炎、歯根膜炎等の
様々な歯の病気が潜んでいるのです。

ほおっておくと大事な歯を失う可能性がありますので、
是非お近くの歯医者さん(歯科医院)にご相談ください。

また、そのような状況にある場合は
できる限り歯磨きはぬるま湯でするようにしてください。

すぐに歯医者に行けない方は、次の事を心がけてください

・歯ブラシの圧はなるべく弱く。
・歯をくいしばる事をやめる。

知覚過敏の場合はキシリトールガムを噛んだり、
知覚過敏用の歯磨き『シュミテクト』を使用したりしてみてください。

ただし、知覚過敏と虫歯の症状は似ていますので、
知覚過敏と思っていたら、虫歯だったというような事はあります。

そればかりは、歯医者に行って診断を受ける必要があります。
つまり、症状が出た場合はなるべく予定をあけて受診される事をおすすめいたします。
今は軽傷が後に取り返しがつかなくなる可能性もありますので。

垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/

神戸精密入れ歯(義歯)相談室
http://www.ireba-soudan-kobe.com/