大切な歯並び(歯列不正の種類)

例え歯が健康な状態にあったとしても、歯並びが悪いと様々な悪影響を及ぼします。

歯並びが悪いと食べ物はうまく咬めない為、柔らかい食べ物を好むようになるので、肥満や消化不良を引き起こす為、全身の状態に影響を及ぼします。
さらにムシ歯や歯周病の原因にもなりますので、最悪の場合、歯をなくす事もあります。

お子様の場合、発育にも関わってくる上、見た目の問題から子供にとっては心理的な負担や話す時に空気がもれて発音が不明瞭になる事もあります。

一生自分の歯でしっかり噛めるようになる為に健康な歯並びについて考えるタイミングはいつか必要かと思います。それはできる限り早めのタイミングが良いでしょう。

歯並びが悪いといっても、その種類は様々です。

ここで歯列不正(歯並びが悪い)の種類についてご説明してまいります。

叢生(そうせい)
顎が小さかったり、歯が大きかったりして、歯が生える隙間がたりず前後が不揃いにならんだ状態。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下顎よりも上顎が前に出てしまっている『出っ歯』の状態です。日本人に非常に多い形です。

下顎前突(かがくぜんとつ)
上記の反対の形で、下顎が前に出てしまっている状態です。

開咬(かいこう)
奥歯は咬めても前が噛めない状態。

空隙歯列(くうげきしれつ)
歯と歯の間に隙間が空いている状態。

大きくわけると上記の歯列不正の種類があげられます。

種類によって治療方法も当然変わるのですが、
大人になってからの治療は子供の時よりも大変です。

もし上記のように、歯並びが悪い場合は、
なるべく早めの受診をおすすめいたします。

ご存知の通り、歯列不正の治療は多くの場合が歯列矯正となります。

矯正と聞くと費用がかかる、長い期間がかかる、見た目が気になる等、
様々な事を気にされる方も多いかと思います。

そこで次回のコラムでは、この歯列矯正に関して、詳しくご説明してまいりたいと思います。

矯正歯科治療に関しまして、相談はお受けしますが、実際の治療等は近隣の矯正歯科専門医院を紹介させて頂きます。

垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/

義歯に関するお悩みはこちら
http://www.ireba-soudan-kobe.com/