キシリトールって何?

ガムのコマーシャルでもよく耳にする言葉であり、
ガムのパッケージでも目につきます。

なんとなくキシリトールって歯に良いのかな‥というイメージではないでしょうか。
言葉が先走ってしまい、実はキシリトールの事を知らない方が多いのも事実です。

それではキシリトールについてお伝えしていきたいと思います。

キシリトールは糖アルコールという甘味炭水化物の仲間なのです。
多くの果物や野菜に含まれており、好きな方も多いイチゴにもキシリトールは含まれています。

あと、意外にも人の肝臓でも1日15g程のキシリトールが作られているのです。

そして、現在ガム等に口にしているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出した
キシランヘミセルロースを原料にし作られているものです。

自然界にあるキシリトールとの差は?といえば、差はありませんのでご安心ください。

日本で1997年に食品添加物として認可されたキシリトールは
安全である事が知られており、一日にどれだけ摂取しても良い食品として扱われています。

それではキシリトールは何故歯に良いといわれているのでしょうか。

それは、虫歯になりにくくなると言われているからです。

理由はキシリトールは自然の甘味料で口の中で酸を作りません。
そして、キシリトールを噛むことによって唾液の分泌を促進するのでお口の中で酸を中和してくれるのです。

さらにキシリトールには虫歯の原因でもあるミュータンス菌の活動を弱める事ができる唯一の甘味料といわれています。
プラークをつきにくくする効果とはがれやすくする効果もあるので、再石灰化を促すという利点もあるのです。

垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/

義歯に関するお悩みはこちら
http://www.ireba-soudan-kobe.com/