正しい歯みがきの知識 その2

前回のコラムでは歯みがきについてお伝えいたしました。
http://nakagawa-shika-clinic.com/20160619/

歯みがきについて正しい知識をつけて、正しい歯みがきをする事は
歯の健康状態維持には不可欠ですが、
さらに虫歯予防や健康状態維持の為に、
歯間ブラシやデンタルフロスを等を必ず利用する必要があります。

虫歯予防ではスウェーデンが実績が高く、
80歳になった時、日本では6本なのに対し、
スウェーデンでは23本の歯が残っているといわれています。

そのスウェーデンで使用されている一つが
タフトブラシという歯ブラシです。

タフトブラシとは鉛筆のような歯ブラシで、日本でも普通に市販で売っていますので
一度はご覧になられた事もあるかと思います。

虫歯、口臭、歯周病等の予防にはプラークを除去する事です。
しかし、普通の歯ブラシではこのプラークの60%弱しか除去できません。
そこでデンタルフロスや歯間ブラシ、そして歯並びの状態によってはタフトブラシが必要になってくるのです。

歯間ブラシやデンタルフロスも重要ですが、
タフトブラシも奥歯の奥、歯並びの悪い場所、歯の矯正中のワイヤーとのすき間、
親知らず、歯と歯茎の間、子供の歯等、通常磨きにくい場所を綺麗に磨く事ができます。

つまり歯みがきにはそれぞれを使用する事で、
プラークをはじめて綺麗に除去する事ができるのです。
前回のコラムに書きましたが、電動歯ブラシが万能ではないのです。

ただ、毎日朝昼晩と全てをするとなると大変かと思いますので、
1日に1回で大丈夫です。

これで、歯周病、口臭、虫歯のリスクは一段とさがりますので、
ぜひ、実践するようにしてみてくださいね。

しかし、これだけの事をやっても正しく出来ていなければ効果が薄れてしまいますので、
1ヶ月に1度でもお近くの歯医者・歯科医院でお掃除される事をおすすめいたします。

垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/

義歯に関するお悩みはこちら
http://www.ireba-soudan-kobe.com/