親知らず(智歯)は抜くべき?

親知らずは奥歯の大きい歯の一番億にある第3大臼歯の事をいいます。8番目の歯です。大人になってからはえてきます。
昔は親がなくなってからはえてくると言われていたそうで、そこから親知らずという名前がつけられました。

その親知らずですが、抜いた方が良いのかをよく患者さんから質問があります。

まず親知らずは抜いた方が良いと判断されるケースの方が多いというのが現状です。
なぜなら親知らずはもともとスペースがない場所にはえてくる事がほとんどで、
その場合、歯ブラシでも磨けない場所にあったり、横にはえている場合などは
隣の歯の根元を押したり、手前の大切な歯が虫歯になってしまう等と、かなりのダメージを与えるリスクがあります。

そうなったら最悪の場合、隣の健康な歯も抜歯せざるをえない状況となります。
また神経にも関係してくる事があるので、親知らずは放置しておくと大きな代償をともなうのです。

もし親知らずの影響で奥歯に鈍痛や歯茎が腫れた場合はすぐにかかりつけの歯医者にいくようにしてください。

ただ、親知らずだからといって全てのケースで抜歯が必要かといわれるとそうではありません。
親知らずの中にはまっすぐはえていたり、歯磨きもしっかりとできる場所にはえていたりする場合もあります。
抜歯にはリスクも必ずともないますので、親知らずを抜くか抜かないかは信頼できる歯医者さんに是非聞いてみてください。
難しい生え方をしている親知らず、埋まっている(埋伏)している親知らずの抜歯は専門の病院・口腔外科を紹介する場合も多くあります。

放置しておくというのはリスクが大きくなりますので、早いうちに相談される事をおすすめいたします。

垂水区舞子のなかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/

義歯に関するお悩みはこちら
http://www.ireba-soudan-kobe.com/