気になる口臭について

人とコミュニケーションをとる時、口臭は気になってしまうものです。
口臭は大きな病が原因になっている場合もありますが、
6割は舌苔(ぜったい)といわれる口の汚れが原因なので、
日々のケアによって予防する事が可能です。

上記の通り、歯周病やむし歯が進行した際の口臭もありますが、
口の中の不潔さによる口臭が多いのが実情です。

舌苔とは下の表面についている細菌のかたまりです。
白くなっている苔のようなものです。

下には舌乳頭という細かい突起があり、そこに食べカスなどが溜まるため細菌のすみ家となりやすいのです。

その汚れは強く付着しているため、うがいだけでとれるものではございません。
舌ブラシなどでしっかりケアしましょう。

それではここで口臭を予防するポイントをお伝えしてまいります。

・舌の清掃
舌のブラシで直接清掃をしてください。舌は繊細な部分なので奥から手前に向かって軽い力で清掃をお願いいたします。

・プラークの除去
食べカスやプラークは口臭の原因となります。しっかりと取り除く事が口臭予防になりますので、
デンタルフロスでも汚れを落としてあげてください。

・デンタルリンス
殺菌剤を配合したデンタルリンスで細菌を殺菌するようにすると、舌苔の拡大を阻止する事ができます。
寝ている時は唾液の分泌が少なくなりますので、就寝前などに使用するとよいでしょう。
(ただデンタルリンスは虫歯や歯槽膿漏の予防には大きな期待は出来ませんので、基本は適切な歯磨きや定期的なケアが大切です)

当然、口臭が舌苔だけの原因かどうかはわかりませんので、
気になる方はかかりつけの歯医者さんに相談しましょう。

ただし半分以上が舌苔が原因の場合が多いので、きちんと予防すれば、
口臭を気にすることなく、円滑なコミュニケーションがはかれます。

このコラムを参考に一度ご自身のケアなどを見直してみてはいかがでしょうか。

神戸市垂水区舞子の歯医者|なかがわ歯科クリニック