日本で初めの歯医者さん

日本で初めての歯医者さんをご存知でしょうか?

『日本初の歯医者 小幡英之助氏』

小幡英之助氏、大分県中津市生まれ(豊前中津藩)。

20歳(明治2年)に上京し、慶應義塾に進みます。
その時に同じ藩出身の医師に医学を教わり、外科を習得。

歯科医学に関心をもったのは
アメリカ人の歯科医師セント・ジョージ・エリオット氏との出会いです。

その後、歯科医学を学びます。

明治の黎明期には欧米な様々な制度を取り入れていた日本は、
明治7年に医師が新規開業する為の医制という制度をとりいれました。

しかしこの時点では歯科の項目はなかったので、
歯科は開業もできないという状況。

そんな時小幡氏は
『自分は西洋の技術を身につけた、医師ではなく歯科医師だ。歯科試験を受けたい。』と
申請したことにより、日本で初めて歯科医師試験を受けたのです。

その結果明治8年に歯科医術開業免許を取得し、日本初の歯科医師となりました。

このように医学においてもどのような分野においても
日本で初めてその分野を切り開いた先人がいます。

その意志を受け継ぎ我々歯科医も日々研鑽をかさね、
さらに良い治療をご提供できるよう精進してまいります。

垂水区舞子の歯医者|なかがわ歯科クリニック
http://nakagawa-shika-clinic.com/