虫歯のステージ

歯の検診を受けると、
「C〜」と言っているのを耳にした事があるかと思います。

「C〜」とは虫歯のステージの事です。
数字が増えるにつれ進行しているという事です。

【CO】
虫歯になる手前の段階、「シーオー・要観察歯」 Caris Observasion  の略で、現在は虫歯と判定できないが、初期の症状が疑われ、今後注意が必要な状態

【C1】
初期の虫歯の状態
エナメル質、また表面が侵された段階

【C2】
象牙質の大部分まで進行した段階

【C3】
進行して神経までおよんでいる段階。
この状態は何もしなくても歯に激痛が生じます。

【C4】
歯冠が崩壊して歯根のみとなった段階

COの段階であれば、予防と経過観察となりますが、
C1、C2からは削るという治療がはじまります。

C3の治療からは麻酔が必要なほどの治療となります。
さらにC4の段階では歯を抜く以外に方法はありませんので、
歯を失う事となります。

虫歯は早く治療をすれば治ります。しかしほおっておくと
歯を失いかねない状態となりますので、
少しでも虫歯の傾向があれば、すぐに歯科医院にいくようにしましょう。

そうすれば治療も痛くない治療で済むので、
歯医者が嫌いな方でも大丈夫です。

予防、早期治療は歯の健康維持で最も大切な事です。

垂水区舞子の歯医者|なかがわ歯科クリニック