カテゴリー : 未分類

キシリトールって何?

ガムのコマーシャルでもよく耳にする言葉であり、
ガムのパッケージでも目につきます。

なんとなくキシリトールって歯に良いのかな‥というイメージではないでしょうか。
言葉が先走ってしまい、実はキシリトールの事を知らない方が多いのも事実です。

それではキシリトールについてお伝えしていきたいと思います。

キシリトールは糖アルコールという甘味炭水化物の仲間なのです。
多くの果物や野菜に含まれており、好きな方も多いイチゴにもキシリトールは含まれています。

あと、意外にも人の肝臓でも1日15g程のキシリトールが作られているのです。

そして、現在ガム等に口にしているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出した
キシランヘミセルロースを原料にし作られているものです。

自然界にあるキシリトールとの差は?といえば、差はありませんのでご安心ください。

日本で1997年に食品添加物として認可されたキシリトールは
安全である事が知られており、一日にどれだけ摂取しても良い食品として扱われています。

それではキシリトールは何故歯に良いといわれているのでしょうか。

それは、虫歯になりにくくなると言われているからです。

理由はキシリトールは自然の甘味料で口の中で酸を作りません。
そして、キシリトールを噛むことによって唾液の分泌を促進するのでお口の中で酸を中和してくれるのです。

さらにキシリトールには虫歯の原因でもあるミュータンス菌の活動を弱める事ができる唯一の甘味料といわれています。
プラークをつきにくくする効果とはがれやすくする効果もあるので、再石灰化を促すという利点もあるのです。

正しい歯みがきの知識

歯の健康状態を保つのに歯みがきは必須です。
そのような重要な歯みがきだからこそ、
正しい知識があるのとないのでは将来の歯の健康状態に影響を及ぼします。

1、歯ブラシの選び方

歯ブラシには色々な種類があり、購入する際にどれを選べば良いのか迷われる方も多いかと思います。
歯ブラシ選びのポイントは歯列や口の大きさに合わせて選ぶことです。
毛のかたさについてはご自身の歯茎の状態を考える事が重要です。

多くの歯ブラシのかたさは普通ですが、
歯茎が健康の状態であればそれで問題ないのですが、
歯茎がよわかったり、すぐ血が出たりする場合は、
必ずやわらかめを選ぶようにしましょう。

かためが好きな方もいらっしゃいますが、
かためは歯茎を傷つけやすいので、磨く強さや動かし方には十分注意をしましょう。

2、歯みがき粉について

歯みがき粉によって色々な成分が配合されていますので、選ぶ際には自分の目的にあった成分が入っている歯みがき粉を選ぶようにいたしましょう。

歯みがき粉はつけすぎると研磨剤が歯を削るという話を聞きますが、
正しい歯みがきをしていれば量は問題ありませんし、
逆に少なすぎると成分の効果がはっきされない事があります。
目安としては歯ブラシに1〜2cm程度かと思います。

3、歯みがきのタイミング

歯みがきは食後するが良いという話をよく聞きますが、
これは古い考え方で、最新の研究結果では
食後すぐの歯みがきは食べ物の酸を素早く深く浸透させてしまい、
歯にダメージを与えてしまうという結果が出ています。
歯みがきは食後すぐにではなく、30分以上たってから磨くようにしましょう。

4、電動歯ブラシについて

電動歯ブラシにも多くの種類が存在しますが、
種類として、振動歯ブラシ、音波ブラシ、超音波歯ブラシ等様々な種類があります。

振動歯ブラシや音波歯ブラシはあてておくだけ細かく動かす必要がありませんが、
超音波歯ブラシは細かく動かす必要があります。

ただし、電動ブラシは手が不自由で動かしにくい方、介護で磨いてあげる場合には有効だと考えますが、お勧めはしていません。

電動歯ブラシを使用する場合でも、朝か夜のどちらかは手で磨くといいでしょう。

つまり、全ての電動歯ブラシが楽にできるわけではないという事です。
特徴を知って、電動歯ブラシを選ぶようにしましょう。

歯みがきは非常に大事な生活習慣になりますので、
正しい知識をもって日々実践することをおすすめいたします。

正しい歯みがきの知識

前回のコラムでは歯みがきについてお伝えいたしました。
http://nakagawa-shika-clinic.com/20160619/

歯みがきについて正しい知識をつけて、正しい歯みがきをする事は
歯の健康状態維持には不可欠ですが、
さらに虫歯予防や健康状態維持の為に、
歯間ブラシやデンタルフロスを等を必ず利用する必要があります。

虫歯予防ではスウェーデンが実績が高く、
80歳になった時、日本では6本なのに対し、
スウェーデンでは23本の歯が残っているといわれています。

そのスウェーデンで使用されている一つが
タフトブラシという歯ブラシです。

タフトブラシとは鉛筆のような歯ブラシで、日本でも普通に市販で売っていますので
一度はご覧になられた事もあるかと思います。

虫歯、口臭、歯周病等の予防にはプラークを除去する事です。
しかし、普通の歯ブラシではこのプラークの60%弱しか除去できません。
そこでデンタルフロスや歯間ブラシ、そして歯並びの状態によってはタフトブラシが必要になってくるのです。

歯間ブラシやデンタルフロスも重要ですが、
タフトブラシも奥歯の奥、歯並びの悪い場所、歯の矯正中のワイヤーとのすき間、
親知らず、歯と歯茎の間、子供の歯等、通常磨きにくい場所を綺麗に磨く事ができます。

つまり歯みがきにはそれぞれを使用する事で、
プラークをはじめて綺麗に除去する事ができるのです。
前回のコラムに書きましたが、電動歯ブラシが万能ではないのです。

ただ、毎日朝昼晩と全てをするとなると大変かと思いますので、
1日に1回で大丈夫です。

これで、歯周病、口臭、虫歯のリスクは一段とさがりますので、
ぜひ、実践するようにしてみてくださいね。

しかし、これだけの事をやっても正しく出来ていなければ効果が薄れてしまいますので、
1ヶ月に1度でもお近くの歯医者・歯科医院でお掃除される事をおすすめいたします。

この症状が出たら歯周病に要注意

歯周病はゆっくりと徐々に進行し、静かなる病気(Silent Disease:サイレントデジーズ)と言われている程、自覚症状がなく、
気づいた時にはかなり進行しているというケースが少なくありません。

歯周病は初期の段階である歯肉炎の段階から進行を食い止めるのが重要です。

気づきにく症状ではあるものの、下記に心あたりがある場合は
一度お近くの歯医者になるべく早く相談される事をおすすめいたします。

・口臭(人に口が臭いと言われた事がある、もしくはご自身でそのように感じる)
・口に粘着きがある
・歯肉が痒い事がある
・歯肉が赤く腫れている
・歯磨きで出血がある
・歯がグラグラする
・歯が長くなっている気がする
・冷たいもので歯がしみる

いかがでしょうか?このような症状があれば着実に歯周病向かっているという風に
思っておいた方がよいでしょう。

歯周病は歯の周りの歯槽骨が破壊されていき、歯が支えれなくなるというこわい病気です。

進行しない為にも歯石除去などで、汚れをきっちりとってあげる必要があります。
ご自身で歯を磨くだけではどうしても汚れがとれないので、予防には歯医者での歯のお掃除が必要です。

年に1回いくのも大変かもしれませんが、海外ではあたりまえのように予防がおこなわれています。
それは歯がどれだけ大事かという事をきっちり認識される文化が浸透しているからです。

国内ではまだまだ歯の重要性が浸透されておりませんが、
数か月に一回のお掃除でもご自身の歯で一生食べていく為に
若いうちから歯の歯石除去・クリーニングに行かれる事をお勧めします。

詳しくはかかりつけの歯医者さんで是非聞いてみてください。

親知らず(智歯)は抜くべき?

親知らずは奥歯の大きい歯の一番億にある第3大臼歯の事をいいます。8番目の歯です。大人になってからはえてきます。
昔は親がなくなってからはえてくると言われていたそうで、そこから親知らずという名前がつけられました。

その親知らずですが、抜いた方が良いのかをよく患者さんから質問があります。

まず親知らずは抜いた方が良いと判断されるケースの方が多いというのが現状です。
なぜなら親知らずはもともとスペースがない場所にはえてくる事がほとんどで、
その場合、歯ブラシでも磨けない場所にあったり、横にはえている場合などは
隣の歯の根元を押したり、手前の大切な歯が虫歯になってしまう等と、かなりのダメージを与えるリスクがあります。

そうなったら最悪の場合、隣の健康な歯も抜歯せざるをえない状況となります。
また神経にも関係してくる事があるので、親知らずは放置しておくと大きな代償をともなうのです。

もし親知らずの影響で奥歯に鈍痛や歯茎が腫れた場合はすぐにかかりつけの歯医者にいくようにしてください。

ただ、親知らずだからといって全てのケースで抜歯が必要かといわれるとそうではありません。
親知らずの中にはまっすぐはえていたり、歯磨きもしっかりとできる場所にはえていたりする場合もあります。
抜歯にはリスクも必ずともないますので、親知らずを抜くか抜かないかは信頼できる歯医者さんに是非聞いてみてください。
難しい生え方をしている親知らず、埋まっている(埋伏)している親知らずの抜歯は専門の病院・口腔外科を紹介する場合も多くあります。

放置しておくというのはリスクが大きくなりますので、早いうちに相談される事をおすすめいたします。

垂水区舞子の魅力

垂水区の商業施設といえば
近くにお住まいの方、もしくは淡路市、近畿圏にお住まいの方は一度は
足を運ばれた事があるのでは‥

三井アウトレットパーク マリンピア神戸

国内外のメーカー・ブランド約140店舗が立ち並ぶ大きなアウトレットモールです。

海に面しているこの施設は日々多くの方で賑わっており、
買い物はもちろんの事、海の見える場所での食事も存分に楽しむ事ができます。

またマリンピア神戸は夜になるとライトアップがもの凄く綺麗で、
マリーナーに反射するライトがなんとも言えない優美さ。

中にはこの夜景だけを楽しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【施設情報】
三井アウトレットパーク マリンピア神戸
〒655-0036 兵庫県神戸市垂水区海岸通12-2
078-709-4466 (受付時間 10:00~20:00)
http://www.31op.com/kobe/

垂水区舞子の魅力 その2 宿泊施設

垂水区舞子には明石の海を存分に楽しむ事ができる素晴らしいシティホテルがあります。

シーサイドホテル舞子ビラ

垂水区歯科医師会の会合も、よくここで行われます。

海と空に包まれた中でのお食事や宿泊はなんとも言えない気分になります。
特に海が好き!という方にはオススメです。

夏にはガーデンバーベキューもあり、
海風にふかれてのテラスでのバーベキューは最高です。

料金もそこまで高くないので、気軽な気分で宿泊できるのではないでしょうか。

【施設情報】
シーサイドホテル舞子ビラ神戸
〒655-0047
神戸市垂水区東舞子町18-11
tel.078-706-3711(代表)
http://www.maikovilla.co.jp/

さらに、
ホテルセトレも素晴らしいホテルです。
舞子ビラとはまた違った雰囲気で、結婚式なんかでもよく利用されています。

こちらもテラスでのお食事は明石海峡大橋と海を一望でき、絶景です。

セトレは大切な記念日等に使用すると良いかもしれませんね。

このように垂水区舞子は素晴らしい宿泊施設も充実しており、
存分に楽しんでいただく事のできる場所です。

【施設情報】
ホテルセトレ
〒655-0036 兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL.078-708-3331(代表)
http://www.hotelsetre.com/

垂水区舞子の魅力 その1 明石海峡大橋

垂水区舞子を代表しているのは、
皆様もご存知の通り、明石海峡大橋です。

明石海峡大橋は神戸市垂水区と淡路市岩屋を結ぶ吊り橋で、
その長さは3,911mで世界一と言われています。

夜になるとライトアップされ、
非常に綺麗な景観で、絶景スポットでもあります。

そんな明石海峡大橋は体験展望施設があり、
海面から高さ47mのところに、
長さ317mの回遊式遊歩道があるのです。

その名を舞子海上プロムナード
https://www.hyogo-park.or.jp/maiko/contents/sisetsu/area_prom.html

8階の展望ラウンジには主塔の高さ約300mにのぼった気分になる
展望カメラシステムもあります。
主塔は東京タワー333mに匹敵するくらいの高さなので圧巻です。

さらにガラス張りになった床面もあり、海を行き交う船を橋の上から長められたりもするのです!

夕方になると夕焼けがみえ、大人がいっても子供がいっても満足できる施設です。

松林や広場、明治天皇歌碑等、他にも見る場所はたくさんありますので、
垂水区舞子の近くに訪れた際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【情報】
〒655-0047 神戸市垂水区東舞子町2051番地
TEL.(078)785-5090 FAX.(078)785-5109

【アクセス】
JR山陽本線(神戸線)「舞子」駅、
山陽電鉄「舞子公園」駅下車、南へ約5分

【営業時間】
8:30〜21:30

妊娠期における歯のケア

妊娠中はお口の中の環境が変化し、歯のトラブルが起こりやすい時期です。
母親が虫歯になると赤ちゃんにも影響してしまいますので、
妊娠中の正しいケアはおこたらないようにしましょう。

・妊娠3ヶ月目までは

妊娠によって女性ホルモンが増えるので、この時期は唾液の分泌が減少してしまいます。
その事から、お口の中はトラブルになりやすい時期といえます。

この時期はつわりがひどいので、トラブルになってからの治療は辛いものがあります。
フッ素を配合したハミガキ剤できちんとお手入れしたいところですが、
歯ブラシを口にするのも辛かったりします。

ポイントは体調がよい時間に歯を磨き、リラックスするという事。
姿勢は下の方を向いて、前かがみに、舌には歯ブラシはあてないようにしましょう。

歯ブラシは小さいヘッドの歯ブラシで、ハミガキ剤は香りや味がするものは避けましょう。

どうしても歯磨きが辛い時はデンタルリンスや水でのブクブクうがいは必ずしてください。

・妊娠4ヶ月目から7ヶ月目

この時期は間食が多くなってしまいます。
なぜなら、一度に食べれる量が減ってしまうからです。

唾液の量も減り、自浄作用が弱まるので、気をつけましょう。

この時期からは体調も安定してきているので、
歯科治療を比較的うけやすい体になっています。
ただし、お腹が大きくなるとあお向けに治療は辛くなりますので、
そうなる前に何か歯に違和感を感じた場合は歯医者に相談するようにいたしましょう。

・妊娠8ヶ月目から10ヶ月目

生まれたあとの準備などでいろいろと忙しくなり
歯のケアを怠りがちなタイミングです。

母親の口の中のトラブルは赤ちゃんにも細菌をうつすリスクが高いので、
生まれてくるお子様のためにもきちんとしたケアをこころがけましょう。

上記のように妊娠期の歯のトラブルケアは非常に大切です。
いろいろと余裕がない時期かと思いますが、
是非、妊娠期の歯に対する考え方を大事にしていただければとおもいます。

気になる口臭について

人とコミュニケーションをとる時、口臭は気になってしまうものです。
口臭は大きな病が原因になっている場合もありますが、
6割は舌苔(ぜったい)といわれる口の汚れが原因なので、
日々のケアによって予防する事が可能です。

上記の通り、歯周病やむし歯が進行した際の口臭もありますが、
口の中の不潔さによる口臭が多いのが実情です。

舌苔とは下の表面についている細菌のかたまりです。
白くなっている苔のようなものです。

下には舌乳頭という細かい突起があり、そこに食べカスなどが溜まるため細菌のすみ家となりやすいのです。

その汚れは強く付着しているため、うがいだけでとれるものではございません。
舌ブラシなどでしっかりケアしましょう。

それではここで口臭を予防するポイントをお伝えしてまいります。

・舌の清掃
舌のブラシで直接清掃をしてください。舌は繊細な部分なので奥から手前に向かって軽い力で清掃をお願いいたします。

・プラークの除去
食べカスやプラークは口臭の原因となります。しっかりと取り除く事が口臭予防になりますので、
デンタルフロスでも汚れを落としてあげてください。

・デンタルリンス
殺菌剤を配合したデンタルリンスで細菌を殺菌するようにすると、舌苔の拡大を阻止する事ができます。
寝ている時は唾液の分泌が少なくなりますので、就寝前などに使用するとよいでしょう。
(ただデンタルリンスは虫歯や歯槽膿漏の予防には大きな期待は出来ませんので、基本は適切な歯磨きや定期的なケアが大切です)

当然、口臭が舌苔だけの原因かどうかはわかりませんので、
気になる方はかかりつけの歯医者さんに相談しましょう。

ただし半分以上が舌苔が原因の場合が多いので、きちんと予防すれば、
口臭を気にすることなく、円滑なコミュニケーションがはかれます。

このコラムを参考に一度ご自身のケアなどを見直してみてはいかがでしょうか。

衝撃的メッセージ『フロスか死か!(Floss or Die!)』

十数年前アメリカのマスコミで『フロスか死か!(Floss or Die!)』というメッセージが発信されました。

このメッセージは大げさに思われる方も多いかと思いますが、
内容を紐解きますと、デンタルフロスや糸ようじ、歯ブラシでお口のお手入れを毎日するか、
もしくはお手入れをしないで歯周病になって命をおびやかす別の病気にかかって寿命を縮めますかという内容です。

つまりどういうことかと申しますと、お口の健康=全身の健康に通じるということです。
口の中には2億個にものぼる微生物が存在し、その微生物が環境により、善玉にもなり悪玉にもなるのです。

お口のお手入れを怠るとお口の健康状態は悪化し、悪玉の微生物が増えお口の健康を害します。

虫歯や歯周病は悪玉の微生物の住処からおこります。そしてこの微生物は口の中から、
気管支や肺、歯茎の血管、そして血液とともに全身の各所に散らばります。
悪玉微生物は全身を蝕み病気を誘発、その結果死にも至る病気になることがあるのです。

これは考えてみても恐ろしいことですよね。

結論的にこのアメリカで発信された衝撃のメッセージは決して大げさではないことがわかります。

健康なお口の為にもご自身でお手入れをおこたらないようにして、半年に1度は歯医者でお掃除されることをおすすめいたします。

日本で初めの歯医者さん

日本で初めての歯医者さんをご存知でしょうか?

『日本初の歯医者 小幡英之助氏』

小幡英之助氏、大分県中津市生まれ(豊前中津藩)。

20歳(明治2年)に上京し、慶應義塾に進みます。
その時に同じ藩出身の医師に医学を教わり、外科を習得。

歯科医学に関心をもったのは
アメリカ人の歯科医師セント・ジョージ・エリオット氏との出会いです。

その後、歯科医学を学びます。

明治の黎明期には欧米な様々な制度を取り入れていた日本は、
明治7年に医師が新規開業する為の医制という制度をとりいれました。

しかしこの時点では歯科の項目はなかったので、
歯科は開業もできないという状況。

そんな時小幡氏は
『自分は西洋の技術を身につけた、医師ではなく歯科医師だ。歯科試験を受けたい。』と
申請したことにより、日本で初めて歯科医師試験を受けたのです。

その結果明治8年に歯科医術開業免許を取得し、日本初の歯科医師となりました。

このように医学においてもどのような分野においても
日本で初めてその分野を切り開いた先人がいます。

その意志を受け継ぎ我々歯科医も日々研鑽をかさね、
さらに良い治療をご提供できるよう精進してまいります。