虫歯の原因と予防方法 その1

虫歯は何故できるのでしょうか?

原因は食べ物や飲み物に含まれる糖分から

酸を作って歯の表面を溶かす事からはじまります。

もちろん虫歯になりやす方、なりにく方もいらっしゃいますが、
歯みがきをあまりしなったり、甘い物をよく食べる方等は
虫歯になりやすいでしょう。

また歯に付着している歯垢
虫歯菌や歯周病、その他の微生物がいるので、
歯垢が多く付着している場合、
虫歯やその他の歯の病気を患うリスクが
非常に高くなります。

ではどうして虫歯予防をすればよいのでしょうか。

今回は2回にわけて虫歯の予防方法をお伝えして
まいりたいと思います。

虫歯予防の方法、
それは『プラークコントロール』です。

つまり歯磨き。

ポイントはフッ素入りの歯磨きペーストを使用する事です。

虫歯予防には
お口の中の汚れを取り除くが重要です。

食後、就寝前、基本的に1日2回はしっかり磨くようにしましょう。
実は寝ている間こそ、
最も虫歯になるリスクが高くなるのです。

何故なら、寝ている間は唾液の分泌量が非常にすくなくなる為、
お口の中の汚れや酸を洗い出したり、再石灰化を促す事ができなく為です。

『今日は眠たいから歯磨きしないで寝よう』

これは危険です。

眠たくても大事な歯の事を考えて、後で後悔しない為に
キチンと歯磨きをしましょう。

そして、歯ブラシだけではなく、
フロス・歯間ブラシもするようにしましょう。

歯ブラシでは歯垢(プラーク)の半分くらいしか汚れを落とせません。
その為、歯ブラシ+フロス・歯間ブラシの両方を使って
ほとんどのプラークを取り除くようする事が大事です。

そして正しい歯磨きの仕方、フロスの仕方を
是非、歯医者で教えてもらいましょう。

『一時が万事』

日々歯のお手入れをするようにしていきましょう。 ご相談は垂水,舞子の歯医者、なかがわ歯科クリニックまで