当院は神戸市歯科保健事業の健診医療機関として登録しておりますので、 下記のような検診を当院で受診することができますので、歯とお口、全身の健康のために、ぜひご活用ください。

妊婦歯科健康診査

妊娠中の方は環境の変化から虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。
虫歯は歯周病は決して甘くみてはいけません。
低体重児出産や早産に影響があるという例もあります。
虫歯金も唾液を介して赤ちゃんうつる事がわかっておりますので、 早期発見、予防、および早期治療は非常に重要となってまいります。

神戸市では歯科保健事業としておこなっておりますので、 神戸市内にお住まいの妊婦の方は、妊娠期間中に1回無料で受信する事が可能です。
※住民登録必須

歯科検診内容
  • 歯の健康状況チェック(虫歯・噛み合わせ)など
  • 歯ぐきの状況チェック(歯ぐきの炎症、歯石)など
その他 顎関節、口腔粘膜の異常など
健診結果にもとづく歯科保健指導 日頃の口腔ケアや生活習慣など
レントゲン検査はありません。
受診に際して
安定期に入ったらすぐの妊娠16~20週くらいに受けましょう。
受診券は神戸市内に在住の方(住民登録をしている方)が使用できます。
電話予約のうえ、受診してください(予約制)。
費用の自己負担はありません(無料)。
当日は歯科健診のみで治療は行いません。なお、治療中の方は、対象外となります。
ご持参ください
妊婦歯科健康診査受診券 母子健康手帳交付時に渡された妊婦健康診査補助券綴り
母子健康手帳およびバーコードシール
お使いの歯みがき用具 歯ブラシ、歯磨き剤、歯間ブラシ、糸付ようじな

40歳 総合健診 歯周疾患検診

40歳以上の方は歯を失う理由の70%は虫歯と歯周病です。
歯ぐきが赤く腫れている、ブヨブヨしている、歯を磨くと出血する等の歯ぐきの異常 、または口臭が気になるなどの症状があれば重度の歯周病にかかっているかもしれません。

高齢化社会となり健康増進・健康長寿事業は国の政策です。
受診券は対象者の方に「40歳総合健診」とあわせて、誕生月の前月末に郵送されますので、この機会に歯周疾患健診をお受けください。

歯科検診内容
  • 歯の健康状況チェック(虫歯・噛み合わせ)など
  • 歯ぐきの状況チェック(歯ぐきの炎症、歯石)など
その他 顎関節、口腔粘膜の異常など
健診結果にもとづく歯科保健指導 日頃の口腔ケアや生活習慣など
レントゲン検査はありません。
受診に際して
電話でご予約くださいませ。(予約制)。
有効期間は40歳の最終日の月末まで。
費用は無料となります。
ご持参ください
受診券を”40歳総合健診”の案内と合わせてお持ちくださいませ。
お使いの歯みがき用具 歯ブラシ、歯磨き剤、歯間ブラシ、糸付ようじなど

50歳 歯周疾患検診

歯周病はほおっておくと歯が抜けるなど、思っている以上にリスクがあります。また全身にも関わり、糖尿病、動脈硬化症などの要因ともなり、さまざまな病気に影響します。
40歳では80%の方が歯周病にかかっています。痛みがないので気づかないうちに進行するのが厄介ですので、歯科医院で定期的にチェックする事をおすすめいたします。

歯ぐきが赤く腫れている、ブヨブヨしている、歯を磨くと出血する等の歯ぐきの異常 、または口臭が気になるなどの症状があれば重度の歯周病にかかっているかもしれません。

神戸市では50歳の方を対象に、無料で受診できる歯周疾患検診(むし歯と歯周病などの検査)を2014年10月から開始しています。
10月末頃に“大腸がん検診無料クーポン券”とともに受診券が送付されます。
詳しくは同封の“50歳歯周疾患検診のご案内”をご覧ください。

歯科検診内容
  • 歯の健康状況チェック(虫歯・噛み合わせ)など
  • 歯ぐきの状況チェック(歯ぐきの炎症、歯石)など
その他 顎関節、口腔粘膜の異常など
健診結果にもとづく歯科保健指導 日頃の口腔ケアや生活習慣など
受診に際して
電話でご予約の上、受診にいらしてください(予約制)。
受診券の有効期間は“50歳歯周疾患検診受診券”が届いた日から 平成27年9月30日までです。
費用の自己負担はありません(無料)。
ご持参ください
受診券 対象者の方に10月末頃に“大腸がん検診無料クーポン券”とともに郵送されます。
お使いの歯みがき用具 歯ブラシ、歯磨き剤、歯間ブラシ、糸付ようじなど
治療が必要と診断された場合は早めに治療しましょう。
治療終了後は定期健診(歯石除去など)を活用し“歯周疾患の予防”に努めましょう。