小児歯科について

生えたての歯は虫歯になりやすいの状態にあります。
それと同時にフッ素が効果を発揮するのもこの時期の歯なのです。フッ素による適切なケアを行うことで、効率的な治療を施す事ができますが、その年齢に応じた適切な処置が必要となってまいります。
健康な大人になるために、子どものときからの歯のケアがとても大切です。

POLICY当院の小児歯科への考え方

苦手意識があるお子さまも安心

歯科医院に対して苦手意識があるお子さまも、安心して治療を受けていただいています。
というのも、お子さまに「歯医者さんは怖くない」ことを知ってほしいという当院の思いがありますので、上手く治療が出来ないお子さまには、無理矢理治療せず、ご年齢に合わせた治療で、少しずつ慣れていただくことから始めます。

※キッズスペースも設けております。
当院では、お子様が遊べるぬいぐるみ、おもちゃ、本なども用意していますので、治療に時間がかかっても安心です。

お子さまのご年齢に合わせた治療

1歳~2歳児
この時期は治療は困難な為、フッ素塗布や虫歯進行抑制薬塗布といった予防が中心となります。
3歳~4歳児
症状のヒアリングをするには難しい時期ではありますが、診断後、すぐに治療が必要な場合は応急処置+予防処置を提案しております。
成長を待ち、この時期は慌てずに応急処置でつなぐのも治療の1つとなります。
5歳児
お話しても安心してコミュニケーションができるのはこの年齢からとなります。
この時期であればお子様から症状等もある程度お聞きする事ができますので、治療を施すとともに、歯並びのチェック等も行っていく事ができます。

小児の歯と成人の歯の違い

成人の方の歯の表面はエナメル質と呼ばれる強い層でおおわれていますが、お子様の乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が充分に出来ていない為、虫歯になりやすい可能性が高いのです。

そこで当院では、小児には虫歯予防として、シーラント処置やフッ素塗布を積極的に行っています。

シーラント処置とは
虫歯になりやすい所としては、奥歯の噛み合わせの部分があります。
そこは凹凸としており、凹んでいるところは複雑で細かい溝がたくさんあり汚れがたまりやすく、歯磨きしてもかき出すことが難しくなっています。
そこで、奥歯の溝やくぼみを清掃し、歯を削ることなく特殊な材料で封鎖する方法を、シーラント処置といいます。
フッ素塗布とは
歯の表面にフッ素を塗り、虫歯になりにくい強い歯質を作ります。
フッ素を歯に塗布すると、表面からフッ素が取り込まれ、結晶の一部になります。
フッ素を含んでいる歯の結晶は虫歯に対して強くなり、普通の歯よりも丈夫になります。
また、フッ素には再石灰化を促進する効果がありますので初期の虫歯の場合はフッ素で治る場合があります。
フッ素がもたらす効果
  • 歯質の強化
  • 再石灰化の促進
  • 虫歯の原因である酸の生成を抑制
定期的に予防を
フッ素を塗ったから何をしなくても大丈夫!と言うわけではありません。
歯科医院での定期検診、クリーニング、正しいブラッシングが必要です。
フッ素はむし歯のリスクを減らすために利用するものなので、定期的に塗り、虫歯予防の効果をあげていく必要があります。

子どもの頃の生活習慣は、
そのあとの生涯にそのまま引き継がれますので非常に重要です。

こつまり食事のスタイル、お口の中の環境、といった歯に関連することにも直結してまいりますので、こどもの頃に、むし歯になりにくい環境をつくることができれば、生涯虫歯にならない歯をつくる事ができるといっても過言ではありません。

お子様自信が歯に関心を持つ事はありませんので、お子様の将来の健康の事をご家族の方が考え、口の中に興味を持っていただく事が重要であり、大変喜ばしいことです。

気になることは、その都度お気軽にご相談くださいませ。